男の人

段階を踏んで準備するべき

ある分野の専門家を講師に招いて講演を開く際には、いくつか段階を踏んで詳細を決めていきます。はじめに誰を講師に招くかを決め、次にその人と出演の交渉を行います。出演者と講演のあらすじが決まったら、最後に講演会の詳細な内容を決めます。

男の人と女の人

内容によっても変わる

講演会や講座に講師を招くときに気になるのが費用です。単なる講演であれば5〜10万円ほどですむことも多いですが、知名度が高くなると30〜50万円、有名人になると100万円を超すことも珍しくありません。価格交渉もできますが宣伝を引き受けるなどの配慮も必要です。

観客

飾らない言葉で話す

講師が難しい言葉を使いすぎず、内容をかみ砕いた分かりやすく話をすること。その上で、ためになる話、共感できる話であれば、良い講演会だったと思われるでしょう。そのためには、著名人や学者だけではなく、何かの当事者による講演会も効果的です。講師自身が飾らない言葉で話すことが一番なのかもしれません。

セミナー

イベント成功のために

講演を成功させるには3つのポイントが大切です。まずは、テーマと目的を明確に設定することです。次に、そのテーマに沿った講師選びをすることです。インターネットで専門業者に依頼できるので、予算に見合った最適な講師に依頼しましょう。そして、その上で適切な予算を立てれば講演を成功に導くことができるでしょう。

婦人

講演会を成功させるために

講演会を企画運営する際には、綿密な企画を行わなければ成功することにつながりません。特に講師に関する選定は、講演会の成功に関わる重要な事項です。その他にも必要な経費についても考慮しなければなりません。講演会専門会社への依頼は、スムーズに企画運営することが出来ます。

準備の時に知りたい事

講義

準備期間の流れ

講演を依頼する講師の準備をする時には基本の流れに沿って用意をする事が大切です。会場や日程、規模などを考えながら同時に講師選びにも取り掛かります。イベントを開催する事が決定したら半年前から準備が始まります。半年前には開催エリアや日程の決定、イベントの規模や講演の形式を考えます。いつどこで何の講演をするのかを詳しく決めて、会場の仮予約をします。参加人数も大まかに決めて、参加希望者が入る会場を押さえておくとスムーズです。講演だけ行うのか親睦会などのパーティーもするのか決めます。会場だけでなく講師料の予算も考えて、決められた金額中でやり繰りします。5ヶ月前には講師の依頼をし、イベントの内容やタイムスケジュールの調整をします。講師の依頼をする時には講師名鑑を使って自分で探したり、派遣会社の紹介や本人への直接のオファーで探します。派遣会社には複数の講師が登録しているので条件や予算に合う人物が居れば紹介して貰えるのです。依頼を受けてくれたら交通手段や宿泊施設の準備をします。会場には正式に申し込みをします。4ヶ月前には企画の最終的な決定をし、講演数や時間を決めます。講師との打ち合わせや案内状の作成にも取り掛かります。3ヶ月前には講師が必要としている備品や当日に流す映像の作成に入ります。前日までには会場のセッティングをして、講師を招く用意もします。控え室の準備やマイクの用意など不備が無い様に注意します。

Copyright© 2017 講演の講師選びは専門家に【スムーズに適切な先生を紹介】 All Rights Reserved.