尿漏れの症状を発症したらきちんと病院で治療を受けよう

医者

病院で検査を受けよう

病院

泌尿器科は、膀胱炎や失禁といった尿に関する症状を取り扱っている診療科目です。放っておくと、ガンなどの病気へと発展する可能性もあるので一刻も早い診療が大事になります。新宿には数多くの最新の機器を導入した病院が多くあります。

Read More

配慮もきちんとしている

先生とナース

泌尿器科は、膀胱炎や失禁などといった尿器官の病気を治療する診療項目です。埼玉には、数多くの病院でこの診療分野を取り扱っています。また、専門的に泌尿器科の治療を行っている病院もありますので、チェックしてみるといいです。

Read More

原因はたくさんある

顔を押さえるレディー

泌尿器科は、排尿を行う器官の病気や症状などを治療するところです。泌尿器科を受診する人の中でも、特に多い症状が尿漏れです。排尿するときには、尿意をもよおしてもある程度我慢することができます。しかし、臓器の働きが低下していたり、生殖器の筋肉が緩んでしまったりすることで、尿意を我慢することができなくなるのです。若いうちは臓器の働きも正常な人が多いですが、年を重ねていくとともに、だんだん働きが弱まってくるようになります。その結果、尿漏れを起こしてしまうという人が非常に多いのです。尿漏れの症状には、人によってそれぞれ違いがあります。軽度の人もいれば、おむつなどをしていないとダメなほど重度の人もいます。重度の症状になると、病院での治療を受けることが必要になるのです。

尿漏れには、様々な種類が存在します。主な種類として挙げられるのが、腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、溢流性尿失禁、機能性尿失禁などです。腹圧性尿失禁は、重いものを持ったときやくしゃみをしたときなどお腹に力が入ることによって失禁してしまうという症状です。この症状は女性に多く、骨盤付近の筋肉が緩んでしまうことから発症するケースが多いです。また、切迫性失禁は脳からの指令によって急に失禁してしまう症状です。尿意をもよおすときは、脳に指令が行き渡りますが、その機能がおかしくなってしまうことにより、突然失禁してしまうのが特徴となっています。そのほか、溢流性失禁という症状は、尿が溜まっているのも関わらずうまく排出することができない症状のことです。この症状は放っておくと、前立腺がんなどの重大な病気へと進行してしまうケースもありますので、注意が必要です。このような症状を感じたときには、泌尿器科を診療して一刻も早い治療を行うことが大事なのです。

最新の治療が受けられる

ナース

膀胱炎や失禁、腎臓がんなどといった病気の治療を行う泌尿器科。加齢とともに排尿器官が悪くなってしまうため、受診する人も多くなってきています。新宿では多くの病院でこの診療が行われています。それぞれの病院に特色があります。

Read More